あの世にいくのでれば自然葬がいいのか

オリジナル見出し01

人は死んだら火葬されて、お墓へ戻るというかたちが、日本では戦後からとられていますが、最近ではお墓ではなく海や山などに灰をまいて自然に帰るという傾向が増えています。

理由はいろいろで、まずは死に対する価値観です。

お墓に入るのではなくて広大な自然の元に帰ることで自分たちの魂が生まれかわるということです。



本来、生き物は自然界のありとあらゆる要因が加わり、かつ原子や分子が集まり、一つの個体が発生しているわけです。

死を迎えて仏になるのではなく、元の状態に戻ることで魂が救われると言われています。

新宿の永代供養墓のいろいろな情報を集めました。

つまり現代人は、自然へ帰りたいと思いが強くなっていると言って過言ではないです。



第2に、少子化でお墓の管理ができないことです。

https://4meee.com/articles/view/1001224についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

お墓は代々受け継ぐことになっていますが、子ども数が少なくなると受け継ぐ人も必然的に減っていきます。

残されて身内に負担をかけないためにも生前から、自然葬を伝えている傾向があります。

第3に、お墓をつくるほどの土地がないことです。
狭い日本で、特に都心部では土地が値上がりしており、お墓でも数百万かかりますので、つくるくらいなら要らないという考え方です。
自然葬は現在でも途上国で多く見られます。

日本でも戦前までは自然葬が多かったのですが、衛生面や死に対する考え方などが現在のお墓という構図になっています。

https://matome.naver.jp/odai/2141439686359666301

狭いお墓に入るよりは、自然界に戻ることで、また生まれかわるのもいいかもしれません。
人の価値観は多様なのです。

https://matome.naver.jp/odai/2140394689598355101

関連リンク

  • タイトル21

    近年、テレビや雑誌などで「お墓」について取り上げられることが増え、自分のためのお墓を用意する活動「墓活」も大きな話題となりました。これには少子化の進行や家族制度の変化により、子孫が先祖代打のお墓を守っていくという従来の形式が維持できなくなっていることが背景にあります。...

  • タイトル22

    自然葬とは、亡くなった方の遺骨や遺灰を海や山などの自然の中に還すという葬式方法です。日本では一般的な墓石に遺骨や遺灰を納めるという方法とはまったく違う自然に帰ろうとする考え方で行うものです。...