自然葬のメリットについて

オリジナル見出し01

自然葬とは人によっては聞いたことがないという人もいますが、簡単に言えば自然の中にあるあらゆるものを墓標とすることで納骨や散骨をするというスタイルの埋葬方法となっています。


想像したこともないという人もいるとは思いますが、もっと簡単に言えば土葬のように自然に還すというスタイルとなっており、最もよく利用されているのが樹木葬が有名なものとなっています。



では、自然葬にはどのようなメリットがあるのかと言うと、最も言われているメリットが管理の必要がないというところです。



と言うのも、通常の埋葬の方法だと墓石を購入もしくは祖先から続いている墓石に納骨することになるのですが、その際には墓石の管理が必要となっています。



霊園や寺院に墓石を購入した場合はそこまで管理する必要はないとしても、その管理費用を支払う必要が出てくるため、どうしても痛い出費となってしまいます。
その反面自然葬は海や樹木など自然の中に散骨するため管理をする必要がなく、その場所を購入するなどの必要もありません。



なので、言ってしまえば一度散骨してしまえばそれで終わりとなるので、それ以上なにかをする必要がないというところで遺族にとっては楽ができるというところがあります。



このようなスタイルは核家族化が進行してきた昨今では需要が高まっているとされており、インターネットを中心に自然葬に興味を持つ人や自然葬を望む人たちが増えてきている傾向となっているようです。



関連リンク

  • タイトル21

    自然葬とは、海や山など自然の大きな循環の中に回帰するような葬送の方法になります。最近は、自然葬を望む方が増えてきていますが、その理由として、故人の生前の希望で自然に帰りたいという思いが強い方以外に、葬儀に関する価値観の変化や核家族化、少子化によってこれまで家系を重んじた墓の管理体制が、維持出来なくなってきていることも原因となっています。...

  • タイトル22

    自然葬とは、亡くなった方の遺骨や遺灰を海や山などの自然の中に還すという葬式方法です。日本では一般的な墓石に遺骨や遺灰を納めるという方法とはまったく違う自然に帰ろうとする考え方で行うものです。...